本文へスキップ

看護助手養成講座、医療現場の看護師を補助する重要スタッフ

看護師とは/看護助手

看護助手 資格取得

看護助手養成講座

看護師とは

■資格内容

携わる業務は多岐にわたる 
かつて看護師は、医師の補佐的な仕事をする職業のように見られていたが、現在の医療において看護職の役割は非常に大きい。
 
病院の入院治療する施設を病棟というが、多くの総合病院では、看護部が病棟管理を担当している。病棟勤務の看護師の仕事を例にあげると、患者の観察と医師への報告、診療の介助、医療チーム間の調整、療養の世話、記録、手術の準備など、多岐にわたっている。


離職率が高く、不足する絶対数
看護師の仕事は「命にかかわる尊い仕事」である反面、「生活が不規則」、「忙しくてキツい」というイメージも強い。離職率も高く、厚生労働省の「第6次看護職員需給見通し」によると、平成22年時点で1.6万人の看護職が不足。22年に不足が解消される自治体は宮城、東京、徳島など10都府県にとどまる見通しだ。一方で、仕事と家庭の両立支援などを条件に復職を希望する者も多い。


看護職員確保対策を実施
国民に良質で適切な保健・医療サービスを提供するために、平成4年に「看護婦等の人材確保の促進に関する法律」が成立した。そのための「指針」を基盤として、子供のいる看護師の雇用や再就職の促進、教育体制の改善、看護師等修学資金貸与費の返還免除、対象施設の拡大、その他さまざまな対策が行われている。しかし、全国的に看護師不足の状況は続いており、日本看護協会が19年度当初に看護師確保の状況を調査したところ、採用予定数に対し平均で7割しか確保できていなかった。このため同協会では都道府県のナースセンターを通じて看護師の資格を持つ者の現場復帰を促すなど、看護職確保定着推進事業を展開している。


専門看護師、認定看護師を認定
医療の高度化、複雑化に伴い、看護の分野でも専門的な知識や技術が求められている。日本看護協会では、大学院修士課程修了、実務経験5年以上などの者を対象とした「専門看護師」、実務経験5年以上、所定の教育課程を修了して認定試験を受けた者を対象に「認定看護師」などの資格認定を行っている。
 
専門看護師には、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護など10分野、認定看護師には救急看護、緩和ケア、糖尿病看護、訪問看護、認知症看護など18分野がある。医師ではなく看護師が患者から症状を聞き取ったり、生活指導を行う「看護外来」を設ける病院も増えており、そうした分野での活躍も期待されている。
 
厚生労働省は、医師の負担軽減や医療の質的向上を図るため、「特定看護師」の導入を検討。初期救急や在宅医療で検査や投薬の判断が可能になる。アメリカでは、医師業務を肩代わりするナースプラクティショナー(診療看護師)が活躍している。


5年一貫課程を高校看護科に設置
ここで、「准看護師」について説明しておきたい。准看護師制度はもともと看護師制度を補うことを目的として昭和26年年に発足した。資格は2年制の「准看護師養成所」か「高校衛生看護科」を卒業後、都道府県が実施する試験を受けて取得。

従来の高校衛生看護科に加えて、5年間一貫教育を持つ「高校看護科」が14年度から設置された。
 
今までは高校衛生看護科と准看護師養成所を卒業した者は、准看護師となり、実務経験・看護師養成所を経て看護師の受験資格を得るというコースが一般的だった。これに対して、この高校看護科では、高校3年と専攻科2年の5年間一貫教育による看護師養成課程を卒業することで看護師の受験資格を得ることができる。
 
看護師をめざす者にとっては、5年という“最短”で受験資格をとれるコースのため、5年間一貫教育課程を設置する高校がさらに増加すると考えられる。


■試験内容

数多くのコースがある 
最終的に看護師国家試験を受ける。一般的には、
A「大学の看護学科(4年制)」
B「短大の看護学科(3年制)」
C「3年課程看護師養成校(定時制は4年)」
D「5年間一貫教育の高校看護科」のいずれかに進学する。
 
また、前述の准看護師資格者の場合は、2年課程の看護師養成校(定時制は3年)に進学して国家試験受験資格を得る。その受験資格は、
A「高卒者で准看護師資格をもつ者」または、
B「准看護師資格を取得後、実務経験が3年以上の者」となる。
 
平成22年、改正保健師助産師看護師法が施行され、それにより、
(1)国家試験受験資格(1)が「大学卒」となった。(これまでの(1)〜(3)が、(2)〜(4)にずれるが、実質は変わらない)
(2)看護師教育で基礎看護学を教育内容とする「専門分野I」、看護実践を学ぶ「専門分野II」を設け、専門分野I、IIを臨床実践に近い形で学習する「統合分野」を設けた。
(3)統合分野に「看護の統合と実践」を含めたことで、単位数の総計を、
・3年課程で93単位以上から97単位以上、
・2年課程で62単位以上から65単位以上、
・高校及び高校専攻課程で102単位以上から105単位以上、とした。


■試験対策

24年より試験科目が変わる! 
看護師国家試験は午前と午後に分けて行われ、午前は「客観式必修問題」25問・「客般式一般問題」65問・「客観的状況設定問題」30問の計120問を160分で解答、午後は「客観式必修問題」25問・「客観式一般問題」65問・「客観式状況設定問題」30問の計120問を160分で解答(客観式必修問題は四肢択一・五肢択一、その他は四肢択一・五肢択二または四肢択一・五肢択一・五肢択二など)する。必修問題では8割、一般問題・状況設定問題では7割の正解率が合格のために必要とされている。なお、試験科目が平成23年度より変更されている。
最新情報専門学校卒業生の大学編入が可能に ここ数年、看護学部・学科・専攻をもつ大学は増え続け、全国で約188校(平成22年)になり、その多くが3年次編入を受け入れている。平成11年4月から専修学校専門課程の卒業者も大学への編入資格が得られることになった。看護系でも、専門学校卒業者に大学編入の道が開かれたことになる。これからも専門学校卒の編入学試験を行う大学は増えると予想される。
 
新卒看護師の就職先は、大半が総合病院である。看護職員確保策の1つとして在学中の奨学金や修学資金制度を充実させているが、それらの多くは「指定医療機関に指定期間勤務すると返済免除になる」という事情が背景にある。


■詳細情報
受験資格: (1)文部科学大臣指定の大学において看護師になるのに必要な学科を修めた卒業(見込を含む)者、その他3年以上当該学科の修業(見込みを含む)者。
(2)文部科学大臣指定の学校において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた(見込みを含む)者
(3)厚生労働大臣の指定した看護師養成所を卒業(見込みを含む)した者
(4)免許を得たあと3年以上業務に従事している准看護師または高等学校・中学教育学校を卒業している准看護師であって、指定学校または指定養成所において2年以上修業(見込みを含む)した者
(5)外国の看護師学校を卒業し、または外国において看護師免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)〜(3)に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者、など
試験科目: 人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論及び看護の統合と実践
申込期間: 11月下旬〜12月中旬
試験日: 2月中旬
試験地: 北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
受験料: 5,400円
受験者: 54,138人(平成22年度)
合格率: 91.8%(平成22年度)


■問い合わせ先
受験地ごとの地方厚生局または地方厚生支局




看護助手養成講座

看護助手
医療現場の看護師を補助する重要スタッフ

「メディカルケア・アシスタント」は今、注目の新職業技能です!

看護助手の詳しい講座の資料の請求はこちらから