本文へスキップ

看護助手養成講座、医療現場の看護師を補助する重要スタッフ

認定補聴器技能者とは/看護助手

看護助手 資格取得

看護助手養成講座

認定補聴器技能者とは

■資格内容

補聴器の知識・技能を示す 
補聴器装用等に関する知識・技能を示す資格で、補聴器販売店などにおいて聴力の測定・補聴器の調整などを行う者の資質向上をめざす。難聴者への補聴器の適切な供給の担い手として期待されている。


■取得方法

講習会でステップアップ 
平成22年度の養成要綱改正に伴い、受験要件からは「実務経験」はなくなった。ただし、要綱の第一章第2条に「養成事業を受講できる者は、学校教育法第九十条第1項に規定する大学入学資格以上の学歴を有する者とする」と規定されており、高卒の学歴が必要となる。
 
テクノエイド協会の講習会で補聴器について知識・技能を修得する。
 
初年度は第T期養成課程でeラーニング46時間及びスクーリング2日間19時間、2年度は第U期で集合講習5日間46時間、3年度は第V期で実技実習40時間、4年度は第W期で集合講習と認定補聴器技能者試験1日を実施。


■詳細情報
受験資格:  第I期〜第IV期の各課程を修了し、当該年度の認定試験の実施要綱の規定により、補聴器業務について指導を受ける補聴器相談医の指導承諾書(承諾書の取得が困難な者は、社団法人日本耳鼻咽喉科学会が認定している専門医の承諾書とする)及び所定の書類等を添付した受験申請書を理事長に提出した者
試験内容: 関係法規、臨床医学、補聴器、フィッティング、音響、リハビリテーションなど
試験日: 11月下旬
受験料: 35,000円
合格率: 84.0%(平成22年度)


■問い合わせ先
公益財団法人 テクノエイド協会 試験研修部
住所:〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ4階
TEL:03-3266-6882




看護助手養成講座

看護助手
医療現場の看護師を補助する重要スタッフ

「メディカルケア・アシスタント」は今、注目の新職業技能です!

看護助手の詳しい講座の資料の請求はこちらから