本文へスキップ

看護助手養成講座、医療現場の看護師を補助する重要スタッフ

理学療法士とは/看護助手

看護助手 資格取得

看護助手養成講座

理学療法士とは

■資格内容

リハビリチームの中心になる 
医学的、社会的、職業的領域にわたる幅広いリハビリテーションのうち、おもに医学的領域を担当するのが、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、義肢装具士などのリハビリテーションチームだ。そのなかでも、理学療法士、作業療法士は中心的存在になる。


運動と物理力で患者を治療
理学療法とは、身体に障害のある者に対し、基本的な動作能力を回復させるために、体操、そのほかの運動を行わせたり、電気刺激、マッサージ、温熱などの物理的手段を加えたりする療法をいう。そして、この理学療法を駆使して治療にあたるのが理学療法士だ。
 
理学療法士が行う治療は熱や電気を使った物理療法がメインだと思われがちだが、治療の中心となるのは運動療法だ。これは、関節を動かす関節可動域訓練、衰えた筋力を徐々に増強させる筋力増強訓練、それから起きる、寝返る、座る、立つなどの基本的な動作の訓練を行う。ついで、ホットパックを使った熱療法、赤外線療法、水療法などの物理療法となる。


■取得方法

高校卒業後、3年以上就学する 
高校卒業後、大学または短大・専門学校の理学療法士を養成する学科・コースを卒業(見込みを含む)した者のみに国家試験の受験資格が与えられる。
 
養成校は就学年数3年以上でカリキュラムは、理学療法士になるために必要な指定科目(基礎科目・専門基礎科目・専門科目)を履修する。基本的な教育内容はどこも同じであるが、大学は4年制であり、研究機関として新しい特定分野に力を入れているので、それなりに違いがある。専門学校も新設校は4年課程が多くなっている。


■詳細情報
受験資格: (1)大学に入学できる者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設で3年以上、必要な知識・技能を修得した者 
(2)外国の理学療法に関する学校・養成施設を卒業または外国で理学療法士に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)に掲げる者と同等以上の知識・技能を有すると認めた者
試験科目: 筆記試験
一般問題=解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法
実地問題=運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法
(注)点字試験受験者には、実地問題に代えて「口述試験及び実技試験」を行う。口述試験及び実技試験は2月下旬に東京で行う。
申込期間: 12月下旬〜1月中旬
試験日: 2月下旬
試験地: 筆記=北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県 口述・実技=東京都
受験料: 10,100円
受験者: 10,475人(平成22年度)
合格率: 74.3%(平成22年度)


■問い合わせ先
受験地の地方厚生局または地方厚生支局




看護助手養成講座

看護助手
医療現場の看護師を補助する重要スタッフ

「メディカルケア・アシスタント」は今、注目の新職業技能です!

看護助手の詳しい講座の資料の請求はこちらから